学部生7人が平成30年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会で発表を行いました.
期日: 9月3日 - 9月4日 
会場: 名城大学

9月3日(月)

場所 時間 セッション 講演番号 論文タイトル 発表者
J 会場(N502) 13:45 ~ 15:45 画像・CG(2) J2-1 AR 技術と深層学習を利用したリアルタイムな実空間麻雀役認識システムの試作 鈴木涼介
K 会場(N503) 13:45 ~ 15:45 知能と認知(2) K2-3 実空間物体認識技術と AR 技術を利用した子供向け英語学習アプリの試作 大野真由

9月4日(火)

場所 時間 セッション 講演番号 論文タイトル 発表者
M会場(N505) 10:00 ~ 11:45 HCI(1) M3-7 プレゼンにおける拡張現実空間共有に基づく聴講者支援システムの試作 落合裕也
L 会場(N504) 10:00 ~ 11:45 情報と人文・社会科学 L3-3 色覚異常者支援のための AR 技術を利用した適応的色覚補正システムの試作 近藤祐矢
L 会場(N504) 10:00 ~ 11:45 情報と人文・社会科学 L3-4 癒しのための拡張現実空間を利用した AR チャットボットの試作 関戸美奈
M 会場(N505) 13:45 ~ 15:45 HCI(2) M4-5 幼児のための拡張現実空間を利用したひろがる AR 絵本の実現 片岡瞳
M 会場(N505) 15:30 ~ 17:00 メディアと表現 M5-6 身体を動かすための現実世界と合体した AR シューティングゲームの試作 劉天爽