修士4人が平成29年度 日本ソフトウェア科学会第 34 回大会で発表を行いました.

日時:2017年9月19日(火) ~ 21日(木)
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎

9月19日(火)

一般セッション(2): 知識処理(1)

[一般2-1-L] 実世界型電子付箋システムにおける漂流型情報共有機構について
伊藤 栄俊,大囿 忠親,新谷 虎松

[一般2-3-L] 短文レポート評価のための短文レポート群の特徴に基づく可視化システムの開発
山添 久稔,大囿 忠親,新谷 虎松

一般セッション(4): 仮想化技術

[一般4-3-L] アプリケーション仮想共有における共有管理機構のインタフェース
岩田 知,大囿 忠親,新谷 虎松

9月21日(木)

一般セッション(12): インタラクション

[一般12-2-L] 発表練習支援システムのためのプレゼン映像からの癖除去機構の開発
松浦 辰雄,大囿 忠親,新谷 虎松