学部生6名,修士5名が情報処理学会 第79回全国大会で発表を行います. 3月16日 - 3月18日,名古屋大学 東山キャンパス
3月16日(木)
場所 時間 セッション 講演番号 論文タイトル 発表者
1ZA会場 9:30〜12:00 学習支援・センシング(1) 1ZA-07 アドホックなデバイスグループ化手法に基づく位置情報アプリケーション開発環境について 渡邊正人
2S会場 13:00〜15:30 行動支援 2S-03 自律型掃除ロボットとのインタラクション支援機構の試作 張翔
2ZD会場 13:00〜15:30 システム開発と構築 2ZD-09 過去資料の再利用を考慮した登山計画書作成支援システムの実装 野原章弘
3月17日(金)
場所 時間 セッション 講演番号 論文タイトル 発表者
4ZE会場 13:00〜15:00 生体情報に基づくスキル教育 4ZE-04 スライド発表における癖検出機構に基づく発表練習支援システム 松浦辰雄
5L会場 15:10〜17:40 演奏・作曲支援 5L-03 協調編曲におけるコミュニケーション支援のための同期型楽譜エディタの試作 天野雅也
5S会場 15:10〜17:40 スマートフォンと応用 5S-07 複数PCが操作可能なスマートフォンを用いたマウスイベントインタフェースの実現 岩田知
5ZA会場 15:10〜17:40 会議・学習支援 5ZA-04 電子付箋を利用した議論のための連想支援機構の開発 鈴木智也
ZF会場 15:10〜17:40 エンタテインメント(2) 5ZF-03 画像検索に基づく声優認識のための画像音声対収集支援システムの試作 鹿田理央
3月18日(土)
場所 時間 セッション 講演番号 論文タイトル 発表者
6Q会場 9:30〜12:00 自然言語処理(4) 6Q-02 深層学習を用いた論文タイトル生成における未知語処理について 大部達也
6ZB会場 9:30〜12:00 アクセシビリティと文章内容 6ZB-05 状況即応的なプレゼンテーションのためのスライド管理機構の試作 伊藤栄俊
7V会場 13:00〜15:00 コミュニケーション支援 7V-01 ぬいぐるみのスマート化による無意識行動に基づくコミュニケーション支援システム 佐藤綾香